2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因と永久脱毛を施すことでワキガの臭いを改善できる理由

脱毛とワキガの関係性

ワキガが気になる女性
脇毛を剃刀や毛抜きで自己処理すると、ワキガの原因を招きやすいです。
なぜなら、脇は皮膚が柔らかいので剃刀だと剃刀負けしやすくなり、毛抜きだと肌に与えるダメージが強いからです。

剃刀は、脇が乾燥した状態で行うと肌と毛穴を傷つけることになりますが、剃る前と剃った後に保湿すれば肌の乾燥を抑えることができます。

けれども、剃刀の刃が清潔でないと脇毛を綺麗に剃れないだけでなく、アポクリン腺を刺激しやすくなります。

よって、脇毛を処理する際にワキガに悩まされたくない場合は、脱毛施設で永久脱毛を施してもらうのが最善です。

ワキガを悪化させるリスクを抑える

脱毛施設での脱毛を初めて受けた場合は、エクリン汗腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗が増えることがあります。
特に、永久脱毛はエクリン汗腺を刺激するので汗をかく量が増えますが、エクリン汗腺の汗は一般の汗なのでワキガを悪化させるリスクがないです。

とはいえ、永久脱毛はアポクリン腺に多少刺激を与えるので、脱毛を受けた後は一時的にワキガの臭いが強まることがあります。

しかし、永久脱毛を受けるほど脇毛を生えにくくできるので、その影響により脇の毛穴が引き締まります。

なので、永久脱毛を受ける回数が増すとアポクリン腺から出る汗の量を減らすことができるので、ワキガの臭いを改善できます。

そして、永久脱毛によって脇毛が完全に生えなくなれば、脇がツルツルになることで美容効果を得ることができます。

さらに、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるので、脇毛にエクリン汗腺の汗と混じることが少なくなりワキガの臭いを抑えられます。

アンダーヘアの処理の平均的な回数は?

アンダーヘアの脱毛に関して

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアに限らず、脱毛というものは回数を重ねないと基本的に処理ができないものです。

アンダーヘアに関しては痛いこともあったり、できれば早めに終わってほしいところですが、何回くらいで効果を言うのは出てきて、施術が完了するくらいになるのでしょうか?

アンダーヘア脱毛に要する期間について

施術の効果が出るような時には、医療機関化さろん化で異なってきますがおおよその目安としては、

効果が出始めたと感じるレベル 医療機関 1~3回 サロン3~5回

毛が薄くなったと感じるレベル 医療機関 3~5回 サロン6~11回

施術完了のレベル       医療機関 6回くらい サロン12回くらい

といった感じがおおよそのレベルになります。 双方の完了期間は医療機関が1年、サロンが2年くらいと考えてください。

完了するまでの期間の差については脱毛危機のレベルが違うために差が出る部分があります。

医療機関のほうがレーザーの出力が大きいものを扱うことをできるようになっていますので、基本的に脱毛の効果がかなり大きいものですからすぐに終わるというわけです。
後はこの回数は目安でありますので、人によっては回数がもっとかかったりしたり、もっと早く終わるような方もいます。

ですので、あくまでこの数字に関しては目安として考えておいて、後は自分自身の毛の性質などをよく知っておいてから

施術の回数を考えておくといいでしょう。

脱毛サロンの勧誘の断り方

脱毛サロンの勧誘を断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンでは、体験コースを受けることで勧誘されて契約するかを決める形になりやすいです。

そのため、勧誘されても勢いで契約するのでなく、体験コースを実際に体験してみてどうだったかを伝えるのがお勧めになります。

なぜなら、スタッフにとって当店の施術が気になることを伝えることができるので、相手のペースに乗せられにくくなるからです。

ただし、他の脱毛サロンの体験コースがどうだったかを伝えると、当店の特徴を強調するために勧誘を強く勧めてくることになります。

なので、体験コースの施術の感想を伝えて勧誘を断る場合は、他の店舗を話題に出さないのが重要となります。

脱毛サロン側が勧誘を引き下がるようにする

施術についてスタッフに聞くことで、勧誘を断るだけでなく店舗の雰囲気を掴むことにも結びつきます。

なぜなら、施術に関して何も言わずにひたすら勧誘し続けるスタッフは、お客様の立場を考えていないと認識できるからです。

よって、スタッフが強く勧誘しても気になる点をはっきり伝えることで、勧誘をやんわりと断ることができます。

とは言っても、スタッフや値段といった店に関する特徴を聞くのは他の店舗の比較に繋がるので、勧誘を強めることになります。

なので、当店で受けれる施術内容について聞くことで、他の店舗の施術と比較しつつ当店の特徴を知ることができます。

その上、施術内容について満足して帰って検討してみることを主張することで、相手が勧誘を引き下がりやすくなります。

埋没毛の原因とスクラブでの自己処理の注意点について

埋没毛に関して

埋没毛に悩む女性
自己処理によって肌を傷つけることで出来やすい埋没毛は、主に剃刀や毛抜きでの無駄毛の処理が原因となります。

埋没毛は、肌の表面を角質が覆うことによって毛が肌の表面に出てこれなくなる状態となるので、放置することでニキビや黒ずみに繋がります。

また、自己処理は脱毛ワックスや脱毛テープによる方法でも無駄毛を処理することができますが、皮膚に負担を掛けることになります。

埋没毛への適切な対処

埋没毛が出来た状態で同じ箇所に何度も自己処理を施すことによって、埋没毛が悪化しやすくなります。

なので、埋没毛が出来た場合は肌に掛ける負担を減らせる自己処理を選ぶのが重要となります。

安い費用で自己処理を行えつつ肌を傷つけにくいスクラブは、肌質に合わないスクラブを選ばない限り肌荒れに悩まされる心配がありません。

けれども、スクラブは脂分を洗い流すことになるので、乾燥肌の人が使うと肌荒れに追われることになります。

そのため、乾燥肌の人がスクラブでの自己処理を行う場合は、自己処理を行う前後に肌の保湿を施すのがポイントとなります。

さらに、スクラブを購入する場合は保湿成分が配合されている物を選ぶのが大切となります。

ちなみに、肌が弱い人や敏感肌の人でも保湿成分が含まれているスクラブを選ぶことで、自己処理による肌の乾燥を防ぎやすくなります。

よって、肌の乾燥を防ぎつつ無駄毛を処理することで埋没毛が出来にくくなります。

なので、スクラブでの自己処理はやり方を間違えなければ埋没毛を処理しつつ、肌の状態を綺麗に保ちやすくなります。

産後の自宅でのムダ毛処理の方法と注意点

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中と産後は、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせる影響により、ホルモンバランスが変化します。

そのため、産後は男性ホルモンの割合が増すので、濃いムダ毛が増える上に肌が敏感な状態となります。

なので、産後に脱毛施設に通っても可視光線がメラニンに反応しにくくなるだけでなく、肌が火傷するリスクが高まります。

また、脱毛施設ではホルモンバランスが改善されるまで産後の女性客は利用を休むことになります。

よって、産後の脱毛はホルモンバランスが落ち着いてから受けるのが基本となります。

他にも、赤ちゃんの面倒を見る時間と脱毛施設に通う時間を両立させるのが困難なので、自宅でのムダ毛処理を施す必要があります。

なので、妊娠前に自分でムダ毛処理しない人にとって、産後のムダ毛処理は肌荒れや毛のトラブルに悩まされやすい傾向が強いです。

なぜなら、毛抜きは毛を抜くだけでムダ毛を処理できるという認識を持つので、誤った自己処理を施す可能性が高いからです。

自己処理は電動シェーバーが最適

産後の肌は妊娠前と比べて敏感なので、妊娠前に自分でムダ毛処理する人でも肌のトラブルに追われやすいです。

特に、妊娠前に剃刀でムダ毛処理する人は妊娠前と同じように剃ることが多いので、力の入れ過ぎで深剃りしたり肌が剃刀負けすることが多くなります。
そのため、自宅でのムダ毛処理の方法として電動シェーバーが最適となります。
電動シェーバーは、妊娠前に自己処理するかどうかに関係なく、力の加減に困らされずにムダ毛処理を施すことができます。

その上、電動シェーバーは毛抜きや剃刀と比べて誤った自己処理になりにくいので、肌のトラブルや毛のトラブルを招かずにムダ毛処理することが可能となります。