脱毛サロンについての基礎知識

光(フラッシュ)脱毛とは

●光脱毛の特徴

光脱毛というのはいまでは最もポピュラーな脱毛方法になっているということができます。

とくに光脱毛はいまでは脱毛サロンの多くが、きわめてリーズナブルな価格で提供していくようになっています。

こういったところから、最も身近な脱毛方法として知られるようになっています。

●光脱毛のメリット

とくに光脱毛は安くしていくことができるというところがやはり大きなメリットだということができます。

とくに脱毛サロンでは人気の部位についてはセットでプランを用意していたりします。

こういったセットプランを利用していくと、いくつかの部位をまとめてとても安く脱毛をしていくことができます。

ですからとくに費用を抑えて脱毛をしていきたいというひとにはうってつけの脱毛方法だということができます。

また、光脱毛というのは広い範囲を一気に処理していくのに最適な脱毛方法としても注目を集めるようになっています。

ですからとくに脚や背中などの比較的に広い部位の脱毛を考えているというひとにはおすすめできます。

また、肌への刺激も少ない脱毛方法になっていますから、デリケートな部位の脱毛にも最適だということができます。

●光脱毛のデメリット

脱毛サロンでの施術になるのが光脱毛の特徴です。

そのために、なにかやけどなどのトラブルが起きた場合に、クリニックと違ってすぐの対応ができないということがデメリットとして考えられるといえます。

レーザー脱毛とは

●レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛はとくにクリニックで評判になっている脱毛方法です。

とくに効果の出にくいとされる部位でも抜群の効果を期待できるというふうにいわれています。

●レーザー脱毛のメリット

とくに両わきなどの脱毛が初めてという方が選ぶ部位であって、かつ効果の出にくいとされる部位の脱毛であってもとくに高い効果を期待していくことができます。

とくにライトシェアデュエットなどの高性能のレーザー脱毛マシンを導入しているクリニックも増えています。

こういったクリニックで脱毛をしていくことによって、より高い効果を少ない肌ダメージで実感していくことができます。

とくにこういった高性能のレーザー脱毛マシンによる施術は、とくに痛みが少ないということもいわれています。

ですからとくに痛みをあまり感じたくないというひとにもこういったクリニックがおすすめだということができます。

●レーザー脱毛のデメリット

高性能のレーザー脱毛マシンを導入しているクリニックもあれば、逆にそうでないクリニックもあるということに注意が必要です。

つまりクリニックであればどこでも似たような施術を受けられるということではないということです。

クリニックによって施術の質には大きな差があるのが現状です。

ですから自分と相性のいい施術を行なっているクリニックを選んで訪問していくということがとても大事になってきます。

とくにそういったクリニックをみつけるようにしましょう。

ニードル脱毛とは

ニードル脱毛のデメリットについて

脱毛方法の手段として挙げられるものの一つにニードル脱毛というのがあります。

しかし、名前からしてなんだかいたそうですよね?そんな痛そうなものだからこそ、どんなメリットがあるのか気になるものです。

では、どんなデメリットがあるのでしょうか? 

・ やっぱり痛みが強いこと

 先ほどからも上げていますが、やはりニードル脱毛というのは痛いのが大きな欠点です。

ニードル脱毛は毛穴に針を刺して電流を流すことにより毛根を攻撃するのですが、毛穴に針を入れたり

電流を流すことがかなり痛いようです。

 意外と針が刺さることよりも電気が痛いようで、これが耐えられるかどうかでこの施術が行えるかどうかが変わってくるものだと思います。

・ 脱毛処理ができるかどうかの問題

 また、この方法による脱毛処理ができるかどうかという面でもデメリットがあります。

例えば夏に日焼けをしてしまったような時ですと、肌への影響により子の施術方法が利用できません。

また、毛の成長サイクルが成長期の段階でないとこの方法はほとんど効果がなく、あまり意味がないといわれています。

その他にも、レーザ脱毛は黒い色に反応するという特性を利用して行う施術方法ですので、黒い濃さがあまりないか全くない

産毛や白髪にはには効果がないようなケースがあります。

ニードル脱毛はやれる状況に制限があったり痛みがあるのでそのあたりに注意して行ったほうがいいでしょう。

脱毛施術後に注意すること

まず大前提として、施術後の肌はとても敏感になっています。なのでまず、なるべく肌に強い刺激を与えないことが重要となります。
具体的には、施術後しばらくは高温のお風呂に長く入るのは控えましょう。
これは脱毛施術の直後の肌は熱を持っているために、温めたり血行が良くなるとかゆみや赤みが出る可能性があるからです。
制汗スプレーなど、強い刺激成分が入っているものの使用も、極力避けた方が無難です。
また、長く日光(紫外線)に当たって日焼けをするのも、肌へ強い刺激を与えることになるので注意が必要です。脱毛後の肌はとても乾燥しているので、保湿をたっぷりと行うことが大切です。
乾燥肌は、新しく生えてくる毛を皮膚の下に埋もれさせやすくなってしまいます。このような状態を埋没毛と言い、埋没毛は皮膚に傷をつけてしやすく、またむずむずするようなかゆみを引き起こします。
市販されている化粧品のローションもよいですが、やはり病院で処方される保湿クリームのほうが保湿成分が豊富に入っているのでおすすめです。施術後は肌が水分を保ち続ける能力が一時的に下がるので、朝一回、お風呂上りに一回と、ローションを念入りに塗って水分を補充しましょう。
脱毛したからといって、ケアがまったく不要になるわけではありません。
毛というのはそもそも外的刺激から肌を守るためのものなので、脱毛後の肌はいわば丸裸の状態なのです。そういう点では、バリアを失った敏感な肌を刺激から守るためには、さらに注意してケアしましょう。