脱毛施術後に注意すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まず大前提として、施術後の肌はとても敏感になっています。なのでまず、なるべく肌に強い刺激を与えないことが重要となります。
具体的には、施術後しばらくは高温のお風呂に長く入るのは控えましょう。
これは脱毛施術の直後の肌は熱を持っているために、温めたり血行が良くなるとかゆみや赤みが出る可能性があるからです。
制汗スプレーなど、強い刺激成分が入っているものの使用も、極力避けた方が無難です。
また、長く日光(紫外線)に当たって日焼けをするのも、肌へ強い刺激を与えることになるので注意が必要です。脱毛後の肌はとても乾燥しているので、保湿をたっぷりと行うことが大切です。
乾燥肌は、新しく生えてくる毛を皮膚の下に埋もれさせやすくなってしまいます。このような状態を埋没毛と言い、埋没毛は皮膚に傷をつけてしやすく、またむずむずするようなかゆみを引き起こします。
市販されている化粧品のローションもよいですが、やはり病院で処方される保湿クリームのほうが保湿成分が豊富に入っているのでおすすめです。施術後は肌が水分を保ち続ける能力が一時的に下がるので、朝一回、お風呂上りに一回と、ローションを念入りに塗って水分を補充しましょう。
脱毛したからといって、ケアがまったく不要になるわけではありません。
毛というのはそもそも外的刺激から肌を守るためのものなので、脱毛後の肌はいわば丸裸の状態なのです。そういう点では、バリアを失った敏感な肌を刺激から守るためには、さらに注意してケアしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*