ワキガになる原因と永久脱毛を施すことでワキガの臭いを改善できる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛とワキガの関係性

ワキガが気になる女性
脇毛を剃刀や毛抜きで自己処理すると、ワキガの原因を招きやすいです。
なぜなら、脇は皮膚が柔らかいので剃刀だと剃刀負けしやすくなり、毛抜きだと肌に与えるダメージが強いからです。

剃刀は、脇が乾燥した状態で行うと肌と毛穴を傷つけることになりますが、剃る前と剃った後に保湿すれば肌の乾燥を抑えることができます。

けれども、剃刀の刃が清潔でないと脇毛を綺麗に剃れないだけでなく、アポクリン腺を刺激しやすくなります。

よって、脇毛を処理する際にワキガに悩まされたくない場合は、脱毛施設で永久脱毛を施してもらうのが最善です。

ワキガを悪化させるリスクを抑える

脱毛施設での脱毛を初めて受けた場合は、エクリン汗腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗が増えることがあります。
特に、永久脱毛はエクリン汗腺を刺激するので汗をかく量が増えますが、エクリン汗腺の汗は一般の汗なのでワキガを悪化させるリスクがないです。

とはいえ、永久脱毛はアポクリン腺に多少刺激を与えるので、脱毛を受けた後は一時的にワキガの臭いが強まることがあります。

しかし、永久脱毛を受けるほど脇毛を生えにくくできるので、その影響により脇の毛穴が引き締まります。

なので、永久脱毛を受ける回数が増すとアポクリン腺から出る汗の量を減らすことができるので、ワキガの臭いを改善できます。

そして、永久脱毛によって脇毛が完全に生えなくなれば、脇がツルツルになることで美容効果を得ることができます。

さらに、アポクリン腺の汗が脇毛につかなくなるので、脇毛にエクリン汗腺の汗と混じることが少なくなりワキガの臭いを抑えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*