産後の自宅でのムダ毛処理の方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
妊娠中と産後は、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンを行き渡らせる影響により、ホルモンバランスが変化します。

そのため、産後は男性ホルモンの割合が増すので、濃いムダ毛が増える上に肌が敏感な状態となります。

なので、産後に脱毛施設に通っても可視光線がメラニンに反応しにくくなるだけでなく、肌が火傷するリスクが高まります。

また、脱毛施設ではホルモンバランスが改善されるまで産後の女性客は利用を休むことになります。

よって、産後の脱毛はホルモンバランスが落ち着いてから受けるのが基本となります。

他にも、赤ちゃんの面倒を見る時間と脱毛施設に通う時間を両立させるのが困難なので、自宅でのムダ毛処理を施す必要があります。

なので、妊娠前に自分でムダ毛処理しない人にとって、産後のムダ毛処理は肌荒れや毛のトラブルに悩まされやすい傾向が強いです。

なぜなら、毛抜きは毛を抜くだけでムダ毛を処理できるという認識を持つので、誤った自己処理を施す可能性が高いからです。

自己処理は電動シェーバーが最適

産後の肌は妊娠前と比べて敏感なので、妊娠前に自分でムダ毛処理する人でも肌のトラブルに追われやすいです。

特に、妊娠前に剃刀でムダ毛処理する人は妊娠前と同じように剃ることが多いので、力の入れ過ぎで深剃りしたり肌が剃刀負けすることが多くなります。
そのため、自宅でのムダ毛処理の方法として電動シェーバーが最適となります。
電動シェーバーは、妊娠前に自己処理するかどうかに関係なく、力の加減に困らされずにムダ毛処理を施すことができます。

その上、電動シェーバーは毛抜きや剃刀と比べて誤った自己処理になりにくいので、肌のトラブルや毛のトラブルを招かずにムダ毛処理することが可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*